救急車を呼ぶときの番号は【119番】?

今まさに、今救急車を呼ぼうとしているあなたへお教えします。

救急車は119番で呼びます。

現役消防士、救急救命士の凜(@mappletour)です。

この消防士ブログで伝えたいこと
消防士を目指す方々の架け橋になりたい。
消防士採用試験日程一覧(平成31年4月8日更新)
消防士採用試験情報をまとめました。 毎週末に情報を更新していきます。
  • 救急車を呼ぼうとして、どこに掛けてわからなくなってしまった方
  • 救急車を呼ぶとき、どんなことを伝えたらいいか心配な方

への記事です。

スポンサーリンク

救急車は119です

救急車が必要な方は、落ち着いて119を押してください。

緊急なとき、慌てているときは迷ってしまうことがあるでしょう。

そんなときはまず深呼吸してください。

119番に掛けることができれば、あとは緊急電話を受けるプロが出ます。

自分から話そうとするのではなく、聞かれたことに答えてください。

それが間違いなく早く救急車を出動させることができます。

大事なことなのでもう一度言います。

聞かれた質問に答えてください。

救急車を呼ぶときに聞かれる内容

119を受ける通信員は、的確な聴取によりいち早く救急車や消防車を出動させるためにトレーニングを積んでいます。

そのため、通報者があれこれ一方的に話すよりも通信員の質問に答えることが重要です。

あとよくあるのが、電話を切らないと救急車が出動できないと思っている方、とにかく早く来てくれと電話を切ってしまう方です。

もちろん電話が繋がっている状態でも出動のための指令を出すことができます。

救急車を必要とされる方の状態を細かく聞いている最中でも、救急車を出動させることもできます。

それに加え、重症な患者さんや搬送にマンパワーが必要な場合は救急車だけでなく消防車を出動されることもあるので詳しく聞くケースもあるかもしれません。

①救急か?火事か?聞かれます

119は火事や救急の要請のとき掛けます。

最初に聞きますので教えてください。

②場所を聞かれます

救急車の必要な場所を教えてください。

住所がわかれば、教えていただくのが早いです。

出先で場所のわからない場合は、

  • 信号の名前(信号の上に書いてあります)
  • 近くのお店の名前
  • 自販機に書いてある住所
  • 電柱に書いてある住所

などを参考にされるといいと思います。

もちろん今場所がわからなくても通信員がサポートし聞いてくれますので、わかる情報を教えていただけると早く救急車を出動させることができるでしょう。

③意識と呼吸があるかを聞かれます

傷病者の重症度、緊急度を把握するための質問です。

これによって救急車だけ出動させるのか。

または重症度、緊急度が高いので、救急車と消防車を出動させるのかを決めます。

ほとんどの場合、この質問が終わる頃には一番近い救急車に出動の指令が下ります。

④細かい話を聞かれます

ここからいろいろ詳しく聞かれますが、すでに救急車は出動しているので安心してお答えください。

聞かれる内容としては

  • 症状はいつからなのか
  • 会話できる状態なのか
  • 顔色はどういう感じなのか
  • 原因があるのか
  • かかっている病気はあるか
  • 通院中の病院はあるのか

こういうことが聞かれるので、わかる範囲でお答えしていただけると助かります。

お答えしていただいた情報は速やかに出動中の救急隊に伝えられ、迅速な病院搬送や適切な病院の選定に役立てることができます。

救急車を呼ぶときに固定電話?携帯電話?

答え:どちらでも構いません。

救急車を呼ぼうとしているときに、固定電話にするべきか携帯電話で掛けるべきか悩んだときは、今までは固定電話でお願いしていました。

理由は場所の特定が早いからです。

固定電話で通報を受けた場合、指令室では掛かってきた瞬間に地図上に表示され、住所の特定が速やかに済みます。

ただ最近はスマートフォンの普及でGPSを使った位置情報の特定が可能となり、場合によってはかなりの狭い範囲で場所を特定することが可能になりました。

そのため、そこまで差がないと考えられます。

携帯電話からのメリットとしては、救急車の必要な方のそばから掛けられることです。

今の状態の聞き取りや応急手当の指導などがその場でできることか大きなメリットになります。

出動中の救急隊から折り返し電話があることがあります

現在、出動中の救急隊から折り返し電話することがあります。

これは

  • 通報内容の確認
  • 現在の状態
  • 名前、生年月日

などをお聞きします。

これは状態によっては応援隊やドクターカーやドクターヘリの出動要請や病院搬送までの時間短縮のためです。

こんな緊急時に電話に出てられるか!!って思われるかもしれませんが、たいてい救急隊ですので安心して電話に出ていただけると助かります。

119することは一生にそんなに回数ありません

119するなんて、人によっては一生ないかもしれません。

そんな1回に大切な命が掛かっていることもあります。

落ち着いて質問に答えていただけると確実に救急隊が来ますので、この記事を参考にしていただけると助かります。

コメント