現役救命士が明かす救急救命士のお金のこと【給料 年収】

救急救命士になるには

こんにちは。
救急救命士の凛です。
数多くあるブログの中から、私のブログを発見していただきありがとうございます。

今回は救急救命士の給料について書いていきたいと思います。

救急救命士のほとんどが市町村などで働く地方公務員です。
地方公務員は各地方自治体が給与が規定されています。

初任給

おおよそ初任給は20万円くらいでしょう。
半年、消防学校に入校し寮生活になるので、
その間はお金を貯めることもできます。
寮生活の食費はほとんどの場合必要のないことが多いようです。

公務員は在職年数が多いほど、給料は少しずつ上がっていき、
倒産や離職の可能性も低いため、かなり安定した職種とされています。

手当

手当に関しては、市町村で規定されています。
出動時の手当として、特殊勤務手当が支給されます。
そのほかにも、時間外手当、夜間勤務手当、休日勤務手当、機関員などの
手当が規定に応じて支給されます。

救急救命士に対しての報酬

私の勤務する消防署では、資格に対しての報酬は一切ありませんが、
救急救命士に対して、出動手当をプラスして支給しているところや、
月額で資格手当を支給する市町村もあるようです。
出動手当に加算するものに関しては1件約500円という話も聞きますので、
よく調べてみるといいでしょう。

まとめ

消防士、救急救命士は主に消防署で働く公務員です。
公務員に準じた待遇を受けます。
公務員は身分を保障されており、安定した待遇を受けることができます。
救急救命士に関しては、市町村において待遇が様々です。

受験する市町村で迷っているなら、調べてみる価値があるでしょう。