警察官から消防士へ転職した隊員にインタビューしてみた

警察官から消防士へ転職した隊員にインタビューしてみた 消防士へ転職したい

現役消防士、救急救命士の凜(@mappletour)です。

この消防士ブログで伝えたいこと
消防士を目指す方々の架け橋になりたい。
消防士採用試験日程一覧(平成31年4月8日更新)
消防士採用試験情報をまとめました。 毎週末に情報を更新していきます。

「消防士に転職を考えている。」

「就職したが、人を助ける仕事をしたい。」

「消防士へ転職ってどうなの?」

そんな方への記事です。

前回は自衛隊から消防士へ転職した隊員の記事をお送りしました。

今回は「消防士へ転職」シリーズ第2回。

警察官から消防士へ転職した「サトウくん」の体験談を紹介します。

サトウくんは大学卒業後警察官になりました。

その後3年警察官として交番などで勤務し、在職中に消防士採用試験を受験し合格。

3月に警察を辞め、4月から消防士へ転職しました。

現在は救急救命士になり、救急隊員として活躍しています。

  • 警察官になった理由
  • 消防士に転職した理由
  • 上司への報告
  • 合格後の人間関係
  • 警察学校と消防学校の違い

にスポットを当てていきます。

 

スポンサーリンク

警察官を志した理由は?

町のヒーローになりたかった!

凛

サトウくんは大学卒業後、警察官になったんだよね。

なぜ警察官になりたかったの?

 

子供のころから悪いやつを捕まえて町のヒーローになりたかったから、ずっと警察官になりたかったんです。

凛

じゃあ警察官になることは小さいころからの夢だったんだ。

 

そうです。

小学生のころには警察官になりたいと言ってたと思います。

 

警察官の仕事内容は?

凛

あこがれの警察官になって、どんな仕事をしていたの?

 

3年しか経験がないですが、主に交番で勤務をしていました。

具体的に言うと、町を徒歩や自転車でまわって職務質問したり、住宅をまわって住んでいる人の名簿を作ったり、なんかいろいろやってました。

 

凛

警察っていうとノルマがあるイメージだけどどうだったの?

 

そうですね。

ノルマはあります。

毎月ノルマが設定されて、それを達成できないと給与が減るわけではないですが先輩からの風当たりが強くなったり、まぁいろいろあります。

凛

それはきついね…

そうです…正直そういうのも消防士になろうとしたきっかけでもあります。

 

なぜ警察官から消防士になろうとしたの?

消防士へ

凛

せっかく子どものころから憧れていた警察官になったのに、なぜ消防士に転職を考えたの?

 

そうですね。

  • 同郷の女性と結婚を考えていた
  • 警察は県内ではあるが、転勤がつきものだった
  • ノルマに追われていて、全然町のヒーローじゃなかった
  • 警察にパワハラがあった

こんなところですね。

凛

確かに消防は市町村内ででしか転勤はないし、ノルマもないからね。

 

消防士採用試験はどうだった?

凛

採用試験はどうだった?

 

はい。

地元の消防しか狙っていなかったので、それ以外は受験しませんでした。

もしダメならもう一年警察官を続けるつもりでした。

 

凛

採用試験の対策は?

 

警察官採用試験での経験もありましたし、問題集を買って思い出す程度の対策しかしていません。

受験前3か月くらいから、毎非番勉強する感じです。

 

凛

なるほど。

警察官受験が役に立ったんだ。

大学の時はどんな対策をしていたの?

 

 

大学で公務員対策コースをとっていました。

受講料がかかりますが、公務員対策の専門学校講師が教えてくれるので、ノウハウはそこでゲットできました。

凛

体力試験の対策は?

 

体力に自信があるわけではないけれど、特にやっていません。

警察官の職務でもある程度身体を動かしていたので、体力試験で気を遅れするような感じはなかったです。

凛

ちなみにこれみんな知りたいと思うんだけど、消防士を受験することは上司とかに報告してたの?

 

直属の上司には報告しました。

理解のある人だったので、割と快く受験することの了解を得ることができました。

ただ落ちたら、お前これから大変だぞ。

覚悟しとけよ。と言われたのをよく覚えています。

凛

消防士採用試験の合格が決まったあとの報告はどんな感じだった?

 

 

 

とりあえず上司に報告して、3月までで退職する申し出をしました。

上司には3月までは警察官なのだから、職務を全うするように言われました。

最後の1ヶ月くらいは有給休暇を消化するよう言われましたが、人員不足のため3月一杯まで勤務しました。

 

凛

気まずくなかった??

気まずかったですけど辞めるんで、吹っ切れてました。

嫌がらせとかは多少ありましたね…

警察学校と消防学校、どっちがきびしかった?

 

凛

警察学校と消防学校どちらも経験した、サトウくん。

ぶっちゃけどっちが厳しかった?

 

 

ぶっちゃけ警察学校のほうが厳しかったです。

とくに規律という意味でルールを犯すと殴られてましたからね。

法律を守らない人を捕まえる仕事なので、法律の勉強も厳しかったですし、法律=ルールを守ることを厳しく教育されました。

 

凛

体力的にはどうだった?

体力的にはどちらも変わらないですかね。

消防士になった今、転職についてどう思う

凛

消防士になってどう?

転職して良かった?

消防士になってよかったです。

純粋に命を助ける仕事に情熱を傾けられるからです。

警察官は悪いやつを捕まえるというよりは、ノルマを達成するためだけにやってる感じになってしまっていたので…

凛

元警察官としての強みは感じる?

 

消防士になった今、元警察官としての強みを感じますね。

例えば、酔っぱらいや精神不安定者への対応は警察官のときも数多く経験しましたので、苦手意識はないです。

交通事故などて警察と協力して活動するときにお互いの知りたい情報を知っているので、円滑に連携できるのではないかと考えています。

 

 

凛

ありがとうございました。

警察官から消防士へ:まとめ

大学卒業後3年間警察官だったサトウくんは現在救急救命士として活躍しています。

警察官での経験は市民と話すときに生かされているようです。

酔っぱらっている傷病者や精神状態の不安定な傷病者の対応はさすがのものがあります。

否定することなく応対し、こちらが求めている情報を聞き出すテクニックは警察官での経験のさせる技でしょう。

採用試験は2回目ということで、特別な対策はしてなかったとのことです。

 

攻略情報

コメント